岡山県介護福祉士会の20年

トップページ > 岡山県介護福祉士会の20年

岡山県介護福祉士会の20年

20年を振り返り

名誉会長 神宝 誠子

介護福祉士制度が出来て28年が経ち、名称の認知や職能団体としての理解は広く知られるようになった。一方、介護現場は慢性的人手不足や処遇の低さから、養成校の定員割れや離職者が多いなど諸問題が起きている。今後、社会的地位の向上と魅力ある介護の仕事の構築を個人と組織が担い、新たな歴史を築いて欲しい。

年表

*…日本介護福祉士会および社会動向

平成3年 介護福祉士有資格者27名が発起人になり設立準備開始
平成4年
12月 岡山県介護福祉士会 設立記念会
(メルパルク岡山)
設立趣意書が賛同され、正式設立
平成5年 団体活動のため準備及び活動開始
7月 評議員会 予算・事業計画決定、役員選出し、初代会長 杉原良子就任
9月 理事会開催、「研修部会」・「調査・研究部会」・「広報部会」を設置
県社会福祉協議会に事務委託し活動開始
11月 第一回現任研修会開催
平成6年 県内各地に13支部を設立、各部会を整備し県内外で活動開始
1月 広報誌「羅針盤 らしんばん」第1号発行
4月 平成6年度 各委員会委員選出
9月 全国一斉介護相談に合わせて県総合福祉会館にて電話相談事業開始
*日本介護福祉士会設立
平成7年 設立から初めての役員改選を行うなど、団体としての体制を整備
*日本介護福祉士会 「介護福祉士の倫理綱領」
平成8年 県内各支部の活動も徐々に活発化し、会員の活動意欲も高まる
9月 「全国一斉介護相談」を県内各支部で対面による相談会開始
10月 岡山預金事務センター内「岡山暮らしの相談センター」で「介護部門」相談を担当
平成9年 介護保険法が検討される中、介護専門職としての役割期待が各方面から高まる
14番目の支部として「御津支部」誕生
平成10年
9月 第1回 介護支援専門員実務研修受講試験
介護保険施行の準備として多くの会員が受験
11月 日本介護福祉士会 第5回 全国研修会
(岡山国際ホテル)
テーマ別分科会及び講演会を当番県として開催にあたる
☆ 全国から多くの参加者を桃太郎と鬼がお出迎え
☆ 「笑った・しゃべった・踊った」をテーマに会員手作りのおもてなし
平成11年 初代会長から2代会長へ役員改選
2代目会長 神寶誠子、理事等役員も一新
初代会長 杉原良子 顧問に就任
平成12年 調査研究部会作成の「介護福祉士ハンドブック」を全会員に配布
*「社団法人 日本介護福祉士会」設立
平成13年 介護保険施行後、多くの会員が介護支援専門員として活躍
9・10・11月 ケアマネジメント・介護保険制度施行後の処遇問題などの研修会開催 (山陽ハイツ・高梁国際ホテル・まきび会館)
平成14年 日本介護福祉士会と全国的研修会を共催
12月 「認知症高齢者ケアの専門性確立」
(三木記念ホール)
平成15年
12月 「第一回介護実践研究発表会」
(旭川荘研修センターよしい川)
会員の日々の実践・研究を発表する機会を作り、介護福祉士の専門性向上を図る研修会開始
平成16年 会員制度を一本化 (日本介護福祉士会・県会同時入会)
10月 「介護技術講習会」制度開始に合わせ、主任指導者による指導者養成講習会開催
*日本介護福祉士会 「介護学会」創設
平成17年 技術指導委員会設立
「介護技術講習会」制度開始に伴い各種団体への講師派遣、講習会開催
平成18年 岡山県介護福祉士会の専用ホームページ開設
*日本介護福祉士会 「生涯研修制手帳」作成
平成19年 任意団体から社団法人へ、設立準備
平成の市町村合併に伴う県内各地区(支部)の再編成(14支部から8地区)
11月 任意団体解散及び社団法人設立総会開催定款・事業計画などが決議され、正式手続き開始
平成20年 社団法人 岡山県介護福祉士会 設立
1月 「社団法人 岡山県介護福祉士会」 に移行
3月 社団法人初の通常総会・設立式典開催
(ピュアリティまきび)
4月 事務局を岡山県総合福祉会館に開局
10月~
11月
介護福祉士養成実習施設実習
指導者特別研修開始
11月~
翌21年2月
第1回 ファーストステップ研修会開催
(旭川荘研修センターよしい川)
11月11日 介護の日決定記念事業 事務局で「介護の日」電話相談開始
*日本介護福祉士会 人材確保及び待遇改善の為の署名活動
平成20年9月29日 緊急全国集会開催し、待遇改善を訴える!!(処遇改善交付金創設へ)


平成21年 県内各地区で分担し、カテゴリー別に初任者研修開始
6月 第15回 中・四国ブロック研修会開催
(岡山コンベンションセンター)
テーマ『 介護の力を明日につなげよう』
~話そう、楽しさを!引き継ごう、喜びを!~
11月 第1回 介護フェア開催
(「介護の日」広め隊活動)
介護福祉士養成校と合同イベント、介護相談
(ジョイポリス前広場)

平成22年 岡山県独自の生涯研修ポイントの活用開始
(ポイント数により研修無料制度)
11月 第2回 介護フェア開催
(岡山県助成事業として介護福祉士養成校と合同イベント)
*3月 東日本大震災・福島原発事故、災害時要援護者等支援が課題となる
平成23年 岡山県助成金事業開始(福祉・介護職員キャリアアップ支援研修)
セミナー形式研修及び訪問指導事業開始
*介護福祉士法改正(医療的ケア業務追加)
平成24年 法人法改正に伴い一般社団法人に移行
7月 「一般社団法人」移行許認可、登記
8月 青年隊「晴れる家 ハレルヤ」結成
11月 県内各地で出張総務委員会開始(第一回 真庭地区)
平成25年
6月~10月 実務者研修教員養成講習会開催
(県立岡山大学)
*日本介護福祉士会 公益法人へ移行

平成26年 2代会長から3代会長へ役員改選
2月 日本介護福祉士会より功労者表彰 神寶誠子・草加昭子・田渕美乃里
5月 3代目会長 安達悦子を選出し、2代目会長 神寶誠子は名誉会長就任
*日本介護福祉士会設立20周年記念事業(記念式典・記念誌)
平成27年 *認定介護福祉士 認定認証機構設立
介護人材確保、介護のイメージアップを広く知ってもらう為、ケアコンテストを企画する(第1回おかやま介護グランプリ)
平成28年 2月21日(日)
第1回 おかやま介護グランプリ 開催
(岡山コンベンションセンター)
【1チーム3人が「排泄・入浴・食事」の介助部門に分かれ、与えられた課題に沿って介護技術を競う】
参加チーム16 競技者 48名の参加により開催
参加チームの応援団・介護関係職員・一般見学者・福祉機器展示等を含め 350名余の来場

会長 安達悦子

岡山県介護福祉士会は、設立から24年が経過しました。平成3年当初、介護福祉士資格者27名の発起人の方々に敬意を払うとともに、ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。私たちは、介護福祉士の専門職としての向上と社会的地位の向上を目指さなくてはなりません。また、後継者の育成にも力を注ぎたいと思います。

このページの先頭へ